宅建の申し込み方法

宅建の申し込み方法はどうやるの?

宅建の申し込み方法は郵送申し込みとインターネット申込みの2種類の方法があります。

インターネット申込み

インターネット申込みは一般財団法人 不動産適正取引推進機構へアクセスし、手続きを行います。

申し込み期間:令和元年7月1日(月)午前9時30分から令和元年7月23日(火)午後11時59分(2019年度分は受付終了)

  1. スマホなどで写真を撮り、記載されている方法に従い、写真のサイズの調整をしアップロードします。
  2. 住所や氏名などの必要事項を記入し、受験したい試験会場を選択します。
  3. 決済方法を選択し、クレジットカードであれば、番号を入力し決済します。

コンビニ払いの場合は選択した方法で支払を行います。

後日、受験票届きますがので間違いがないか確認をします。

郵送申し込み

申込書を最寄りの宅地建物取引業公開又は、書店などで手に入れます。

案内に沿って必要事項を記入し発送します。

配布場所一覧

代金の支払い方法は郵貯ATMで支払その明細を申込書に添付して申込みするか、同封の振込用紙を使って支払い、銀行又は郵便局の窓口にて払込受付証明書を発行してもらい、願書に貼り付けて提出してください。

試験案内に同封されている指定の払込用紙を使い、郵便局〈ゆうちょ銀行〉のATMか窓口での振り込み、又は、銀行窓口で振り込みが可能です。

郵貯ATMで支払した場合は「ご利用明細票」、郵貯窓口で支払した場合は「振替払込受付証明書」、銀行窓口で振込した場合は「銀行振込受付証明書」受験申込書の所定欄に貼付して申し込みます。

注意しておきたいこと

受験会場を変更したい

申し込みした試験地や指定した試験会場を受験者の都合で変更する事は出来ません。

申し込み後に住所変更した場合

申し込み後に住所変更した場合は、郵送物が届くよう郵便局へ転居届(転送届)が必要です。

郵送物が届かないと受験できない事が考えられます。

試験当日に、データ修正票をもらい新しい住所を記入し提出します。

申し込み後に名前が変わった

試験当日に、データ修正票をもらい新しい名前に修正し提出します。

回答用紙は旧氏名で記入する必要があります。

 

投稿日:

Copyright© 独学で宅建士を取得!勉強方法 , 2019 All Rights Reserved.