完全独学合格
宅建試験合格までの軌跡
〜宅建試験の勉強対策を考える〜

テキストと過去問の関係


今回は勉強を進める上でとても大切なこと、つまり宅建の勉強を始める上でわかっていて欲しいことをお話したいと思います。

この話は宅建に限らず全ての試験でも言えることと思います。

それはテキストはどのように作成されているかと言うことと、どうして私は過去問を薦めるかと言うことを説明する中でお話していきたいと思います。

まず、テキストはどのように作られているかと言うと、私は予備校の関係者でもないので「なぜそんな事がわかるんだ?」と思うかもしれませんが、実はテキストの作成に関してはあることに気づけば必然とわかることなんです。

そもそも宅建試験に限らず全ての資格試験では予備校といえども本試験の問題や出題範囲は出題者や試験の実施団体から見たり聞いたり出来ません。

ですので出題範囲や出題される論点、つまり重要部分は過去問でしか知りえないわけです。

そして毎年出題される論点はその試験において重要、つまり知っていて欲しいから毎年のように出題するわけです。

ですので言い換えれば過去問で数多く出題されていればいるほど重要ということになるわけです。

ですので私は過去問を強くやるように薦めるわけです

そして予備校ですら過去問しか試験の内容を知りえることが出来ないのでテキストも過去問を元に作成されているわけです。

逆に過去問を基本にしないで作成されたテキストとは本試験で出題されない論点を解説したテキストとなります。

ですので

テキストは過去問を基本として作成されている→テキストは過去問で問われた論点を解説している

そして

過去問はその資格試験で知っていて欲しい論点を出題する→必然と同じ論点が毎年出題される

と言う現象が起きます

以上より

本試験では毎年同じ論点が出題される
         ↓
        そして
         ↓
テキストは過去問を元に作成されているので過去問で問われた論点を解説している
         ↓
過去問を解く為にテキストを使用する
         ↓
結果として過去問を完璧に覚えることで本試験で合格するのに十分な能力が身に付く

と言うわけです。

これから宅建試験を始めようという方や、今年惜しくも合格を逃した方はこの事を頭に置いた上でテキストと過去問の合理的な使い方を考えてみては如何でしょうか?

簡単なようで結構奥深いテキストと過去問の利用法。自分に合った方法を発見できれば合格したも同然です(それらを実行する努力をしたとして)。

では次の宅建試験に向けて日々頑張っていきましょう。




Copyright (C)2010 takken-dokugaku.com All Rights Reserved.